キネシオロジーテープとは

キネシオロジーテープの目的

キネシオロジーテープは、筋肉と同程度の伸びがあるテープで、筋肉に沿って貼り、
テープ伸縮性によって筋肉の動きをサポートし、血液の循環を促します。

その他のテーピングに関してはこちら

キネシオロジーテープの主な使用部位例

  • 25mm幅:
    指、首
  • 50mm幅:
    ひざ、足首、足底、肩、腰
  • 38mm幅:
    ひじ、ふくらはぎ
  • 75mm幅:
    腰、背中、太もも

部位別の貼り方はこちら

キネシオロジーテープの使用方法

  • 1. 肌の汗や皮脂をふき取ります。
  • 2. 貼る部位の長さに合わせてテープを切ります。
  • 3. テープを貼る部位の筋肉を伸ばします。
  • 4. 剥離紙の端を少しはがし、テープを貼り始めの部位に貼りつけます。
  • 5. 剥離紙を剥がしながら、テープを引っぱらずに貼ります。
    ※注意:キネシオロジーテープを引っぱって貼るとはがれやすくなることがあります。
    また、引っ張って貼った状態で長時間貼り続けると水膨れなど皮膚にダメージを受けることがあります。
  • 6. 最後に、テープが浮かないよう、しっかりと押さえます。
ワンポイント!アドバイス

テープの角を丸く切っておくと剥がれにくくなります。

のキネシオロジーテープ

キネティックEX 商品を見る
キネティックSP 商品を見る

キネティックシリーズの特徴

抜群のコストパフォーマンス
50mm×5mの場合は、1本あたり¥275(税込)。
キネティックSPでは、使用頻度の高い50mm幅に、テープの長さ31.5mの大ロールをラインアップ。
ムダなく使えて、さらにお得です。
粘着剤をS字塗工
S字状の粘着塗工なので、通気性にすぐれ、長時間貼っていてもムレにくい構造になっています。
肌に優しいアクリル系粘着剤使用。
※キネシオロジーテープは剥離紙が付いているので、テーピングシザーズなどで切って使用してください。
撥水タイプ
生地の表面を撥水加工してあるので、生地がぬれていても、乾いた布やタオルなどで軽くたたくようにふき取ると乾きやすくなります。
貼ったままシャワーを浴びることもできます。

キネティックEX vs キネティックSP 比較

キネティックEXの特徴

薄手タイプの生地でやわらかな使用感
抜群の伸縮性(伸縮率:180%)

キネティックSPの特徴

厚くて丈夫な生地で強いサポート感
キネティックEXよりも20%生地を厚くし、強度は3倍。
激しい運動時にも高いサポート力を持続します。

適切な伸縮性(伸縮率:160%)

使用感のお好みでお選びください。

薄手タイプの生地 = やわらかな使用感
 = キネティックEX

厚手タイプの生地 = 強いサポート感
 = キネティックSP

ドームアスリートハウス リカバリースペシャリスト
井澤 秀典
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
鍼師
灸師
按摩マッサージ指圧師
World Rugby ICIR Level3
・2012年~ラグビー日本代表ヘッドトレーナー
キネティックEXのおすすめポイント
キネティックEXは伸縮性が高く、やわらかなサポート感のあるキネシオロジーテープです。
スポーツはもちろん、日常生活でも活用できるシーンがたくさんあり、女性やご高齢の方々にもおすすめです。
長時間貼る場合もあるので、通気性が良く、撥水タイプなのもポイントです。
コストパフォーマンスも良く安心してお使いいただけます。 ※個人の感想であり、商品の効果・効能を保証するものではありません。 キネティックEXを見る
キネティックSPのおすすめポイント
キネティックSPは、使ってみるとキネティックEXよりも生地が厚く丈夫なのがわかります。
キネシオロジーテープは筋肉サポートを目的に、様々なスポーツシーンで使用されていますが、キネティックSPは、日頃私がサポートしているプロのアスリートの方々にも自信をもって勧められます。
激しいプレーの中でも、しっかりとしたサポート感が得られるので安心してプレーに集中できます。
また、テープの伸縮性が程よく抑えられていることも、サポート力を体感できるポイントです。
スポーツに携わる多くの方々に、是非、使っていただきたいキネシオロジーテープです。 ※個人の感想であり、商品の効果・効能を保証するものではありません。 キネティックSPを見る

テーピングの大切なポイントを押さえよう!